スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止

こまめに更新をするつもりでしたが
いろいろな締め切りややるべきたくさんのことに追われて
すっかり更新が滞ってしまっていました。

まだしばらくは忙しい日々を過ごすことになりそうです。

ちょっと心身ともに息切れ気味です。

ものごとが自分の思うようにはいかなくて
悔しい思いをいっぱいしていますが
大きな目標や大切なことを見失わないように
自分の歩幅で、
一歩一歩確実に前に進めたらいいな、と思います。

楽しみなイベントももたくさん待っているので
それらを楽しむために
もうひと踏ん張りがんばります!

スポンサーサイト

命の境界線

昨日、「爆笑問題のニッポンの教養」というNHKの番組を見ていたら、
東京農業大学の河野友宏先生が出てました。

この方は、世界で初めて
メスとメスの親から仔マウスを誕生させた方です。

マウスの遺伝子を改変することによって
そんなことが可能になったのですが
この番組では、
「本当にこんなマウスを作ってもいいのか?」
という生命倫理についての議論がメインでした。

遺伝子をいじったマウス、というのは
いまや生命科学になくてはならない存在です。
培養細胞の実験では、証明は不十分であり、
生体内ではどうかを示すのに、
特に遺伝子を改変したマウスを用いた実験結果を
求められることが多いです。

この先生がおっしゃっていたのは
「マウスの遺伝子を改変するのは抵抗がない。
だけども、うさぎなどのそれ以上の生物については
どうかと思う。」
ということ。
この感覚は、私にもなんとなくわかります。

この点について、爆笑問題のお二人は
「じゃあ、その境界線は、なんなのか?
それは、どういう基準によるものなのか?」
ということをつっこんでいました。

私は、慣れ、でしかないような気がします。
当たり前のようにそこにあれば
特に何も思わなくなる。
マウスを用いた実験が増えれば
遺伝子を改変しても何も思わなくなる。
でも、あまり実験例がない高等な動物だと、
慣れていないし、感情移入をしてしまいやすいから
違和感が大きくなっていく、というような感じに。

例えば、クジラ漁の問題なんかも
これと似ているのかもしれません。
当たり前に食べていれば、特に何も思わない。
食べない人からすれば、そんな高等動物をたべるなんて!
と嫌悪感を示してしまう。

少し違いますが、口蹄疫で牛を大量に
処分しなくてはならない、という報道がなされています。
たしかに農家の方々の被害は甚大ですが、
処分される牛はかわいそうなのか?
もともと食肉用の牛という運命なので
食肉になるのはかわいそうではなくて、
病気で処分されるのはかわいそうなのか?
この是非はともかくとして、
慣れによる感覚の違いがあるような気がします。

慣れてしまえば、問題ないという意味ではまったくなくて
慣れてしまったとしても、本当にいいのか悪いのかを
しっかり考える必要があるのだと思います。

関係ない人はいない問題だと思います。
もちろん私も含めてです。
命の境界線について、一緒に考えてみませんか?


四ヶ伝のお稽古

昨日は四ヶ伝(しかでん)のお稽古をしました。

四ヶ伝とは、わかりやすい資格でいうと
中級の人が習うことができるお点前です。

四ヶ伝以上の上級のお点前は
お点前の手順を紙に書いて出版したりすることが
禁止されている、口伝のものとなります。

昨日は四ヶ伝のうちの
唐物(からもの)と盆点(ぼんだて)をしました。

唐物というのは、字の通り中国から伝わってきた
お茶入れを使うためのお点前です。
盆点も同様に唐物のお茶入れを扱うお点前です。

昔は舶来物がとても重宝されて、高級品として取引されていました。
だから、唐物の道具をとてもとても大事に扱うような所作が
お点前の中に、たくさんあります。

今は中国製、というと、粗悪品の代名詞のようになってしまっていますが
その当時は、唐物の道具を持つことは
きっと一生の夢だったんだろうなーと思います。

今はそんなことはないので、ついうっかりお点前中に
ていねいな唐物の扱いじゃなくて、
通常の茶入の扱いをしてしまって、
「ちがう!」と怒られたりましますが(笑)
その当時の唐物への憧れへ思いを馳せつつ
お点前ができればいいな、と思います。


トムとジェリーの違いは?

自分にとっては大きな仕事がとりあえず一段落したので
久しぶりの更新です。

Cellという月刊の科学雑誌の最新号が今日オンラインで出てました。
今月号の表紙を見て、びっくり。
ねずみの後ろに猫が迫っているような表紙です。
なんだか、ちょっとドキドキしちゃいます。笑

この表紙になったもとの論文がなかなか面白かったので、
簡単に紹介します。

The Vomeronasal Organ Mediates Interspecies Defensive Behaviors through Detection of Protein Pheromone Homologs
Fabio Papes, Darren W. Logan, Lisa Stowers Cell, 141 692-703 (2010)

ネズミの天敵といえば、猫!
というイメージがあります。
野生のネズミは、猫やヘビやドブネズミ(ラット)などの
天敵に遭遇すると、一目散に逃げていきます。

同じように、研究室で飼われているような
一度も猫やヘビなどの天敵に出会ったことのないネズミでも
天敵のにおいがしたら、そのにおいのもとを避けようとする、らしいです。

では、ネズミは天敵の「何」を感じ取っているのでしょうか。

この正体が「天敵のフェロモン」である、ということがわかりました。

ここまでだと、たしかにそれはそうかもーで終わってしまうのですが、
ここからがちょっと面白いところ。

この「天敵のフェロモン」にとてもよく似たフェロモンを
ネズミ自身が発しているらしいのです。
この「ネズミのフェロモン」は、
ネズミ同士が、お互いに仲間だ!
と認識するためのフェロモンらしいです。

つまり、天敵が発する、逃げろ!という合図のフェロモンと
ネズミが発する、集まれ!という合図のフェロモンがそっくりだということです。

このフェロモンの違いをどうやってネズミが識別できるのかを
明らかにするのは、これからの課題のようですが、
小さな違いをかぎわけられるジェリーは
やっぱり賢いですね!

風炉の季節がやってきました

昨日、お茶のお稽古に行ったら、
お稽古場が夏仕様の「風炉」に変わっていました。

冬(11月~4月)は、寒いので畳の中央あたりに
穴をあけて、そこに「炉」をきります。
この炉には、炭と、お湯をわかす釜を置きます。
この方がお客さんに火が近いので、
暖かいからです。

逆に夏(5月~10月)は、
火が近いと熱いので、
畳の中央の穴を畳で隠して、
お客さんから一番遠いところに
炭と釜を畳の上に置きます。
これが「風炉」です。

風炉のお点前では、
様々な道具が夏仕様になって、
炭も細く、小さく、数が少なくなります。

炭手前という、炭を組むお手前をしたのですが
冬の炭からすると、
夏の炭は、ちっちゃくておもちゃのようでした。

炉の場所も変わって、道具も変わって、
お点前もすこしずつ変わるので、
ようやく半年かけて慣れてきた冬用のお点前なのに
これからは、夏のお点前に変わってしまうので
またリセットされてしまうかのように
混乱してしまいます。

季節によってお点前が変わるのは、
日本らしくて、とてもいいのですが
またお勉強の日々です。笑


プロフィール

ごみさぶろう

Author:ごみさぶろう
ステキな科学者になりたいと思っているひよっこです。
茶道をならっていたり、和風なものが大好きです。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。